*

エレキギターのピックアップ おすすめは!?

公開日: : 最終更新日:2017/11/21 ギター

最近は、Fullertoneのストラトを弾くことが多くなりました。56年タイプかな?

Fullertone Guitars ストラトキャスター

弾くというほどのレベルではないのですが、つまびく音が心地いい。この歳になってあらためてエレキギターのクリーンサウンドに目覚めました。フロントとハーフトーンは絶品。

エレキを始めた10代の頃は、ハードロック全盛ということもあり、リアピックをディストーションで歪ませる。これ一辺倒でフロントピックなど使ったことはありません。

年齢によって、聞こえる音の周波数が変わるという話を聞いた気がしますが、歳のせいか歪のきつい音は苦手に。

ちなみにフラートーンのピックアップは、LINDY FRALIN  VINTAGE HOT TALL Dかな?

ギター自体の作りもあると思いますが、プレーン弦のきらびやかさや、6弦のハリのある音は何ともいえず気持ちがいい…

ルックスはこちらのGuitarixがお気に入りですが、音の好みはFullertone。

Guitarix ストラトキャスター

ちなみに、先日メンテに出したときに工房で調べてもらったところ、Guitarixのピックアップはオリジナルとのこと。この機会にGuitarixのピックアップを交換することにしました。

同じリンディのピックアップと思ったのですが、ボディ材がアルダーとアッシュ、指板もローズとメイプルという違いがあるので違うメーカーのもので冒険することに。

候補として上がったのが、NJS Classic Pickups Black Bottom 60と、Klein Pickups

NJS Classic Pickups Black Bottom 60は、商品説明によると、

■55年~60年頃までのブラックボトムのサウンドをイメージしたストラトキャスター用ピックアップ。
■アメリカ・ミズーリ州にてオール・ハンド・ワイヤリングで製作されている。
■音抜け感から、アタック、音の艶に至るまでヴィンテージ系の立体感のあるサウンドを再現。

フェンダーカスタムショップのピックアップと比較した動画はこちら。比べると違いがわかりますね。

■ 商品詳細はこちら → NJS Classic Pickups Black Bottom 60

 

いっぽう、Klein Pickupsは、

■ ヴィンテージスタイルの手巻きカスタムピックアップを供給するアメリカのブランド。何年にも渡り個々の手巻きピックアップを開発し、より良いヴィンテージトーンを追い求めたピックアップを製作。50、60年代のピックアップの様に、一見ランダムな巻き方でも、それがヴィンテージトーンを再現するには重要なポイントです。また、自社で解析し、このピックアップのためだけに再現したパーツを採用。それらの要素が融合し、素晴らしい本物のトーンを生み出します。

どちらも、手巻きのビンテージタイプでなかなかよさそう。価格もほぼ同じ。

kleinのjazzy catsは、ジョンメイヤーが使用しているらしい。

■ 商品詳細はこちら → klein jazzy cats

■ 最安値は直輸入のこちら → Klein Pickups ( クラインピックアップス ) / Jazzy Cat Stratocaster Pickups

 

悩んだあげく、この動画を見てクライン ピックアップにしました。sugi ギターはオリジナルのクラインを使用しているようですが。

■ Sugi Guitarsの商品はこちら → Sugi Guitars

 

ちなみに、クラインピックアップは年代ごとに選べます。

私のストラトはスラブボードの62年から63年タイプなので、1962を選択。

ストラト スラブネック

クライン ST PU SET 1962

先日、通販で購入したものが届きました。

クライン ピックアップ SET

クライン ST PU SET

クライン ST PU 1962

さて、どんな風に化けるか楽しみ。

サウンドハウス

ad

関連記事

Duncanのストラト

ダンカンのストラトキャスター

久々にギターの話を。 こちらは、1980年代のDuncanのエレキギター。 Du

記事を読む

メンテナンス完了のギター

FUJIGEN OS-10TT ストラトのメンテナンス

フジゲンカスタムショップ製のストラトキャスターOS-10TTです。 製造完了の商品で旧

記事を読む

Sick As Overdrive MKⅡ

「Sick As Overdrive」ケンタウロス系のエフェクターを使ってみた

雑誌ギター・マガジンで某ギタリストの評価が高かったエフェクターを買ってみました。 Sick A

記事を読む

tokai es-155

惜しまれるギター Tokai ES155

失ってから、その良さがわかる物ってありますね。 売却して、手元にないギターですが、惜しかったな

記事を読む

YOUNG GUITER

今さらながらのギターと理論

2月4日立春。暦のうえでは春の始まりらしいですが、しばらく極寒の日が続きそう。 これだけ寒いと

記事を読む

ギター潤滑剤「TUNE IT MN106」の中身

ギターのチューニングをサポート「MUSIC NOMAD TUNE IT」

このところ、週末は悪天候が続いています。行楽の季節で書き入れ時なのに観光地は大変でしょうね…

記事を読む

tokai-ces238

国産セミアコといえばトーカイ!? Tokai-CES238

この歳になると何をするにも面倒で「老化防止のためにも熱中できることを」と少々焦り気味でした。

記事を読む

山本恭司「弾き語り弾きまくりギター三昧」

山本恭司ライブ「弾き語り・弾きまくりギター三昧」in福岡

山本恭司のライブに行ってきました。 1部はアコギ、2部はエレキと、約2時間半の演奏。 山

記事を読む

寺田 クラッシックギター

寺田のガットギターが出てきた

猛暑続きのため、最近少々バテぎみで、朝のウォーキングも時間を短縮。 50を過ぎると、さすがにこの暑

記事を読む

tokai st-80

オールドギター Tokai ST-80 (スプリンギーサウンド)

2トーンサンバーストがきれいな、Tokaiのストラトキャスター ST-80。 Tokaiではこ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

相島の釣果
離島 相島でナイトアジング

3月に入り暖かい日も増えてきましたが、天候は不安定で1日おきの雨模様。

コンパクト卓上コンロ
シーズン前に釣りキャンプの準備中

暦では立春を過ぎましたが、北海道は猛烈な寒波に襲われ、関東地方も積雪だ

ライフジャケット
海釣りにライフジャケットは必需品!?

気温は低いものの天気が良いので釣りに出かけていますが、相変わらず釣果は

姫島の漁港
離島で釣り 糸島市の姫島に行ってきた

2019年も半月が過ぎすっかり正月気分も抜け、繁忙期の仕事に追われてい

シャローフリーク・プチ
シャローフリーク・プチ(3.3g)を使ってみた

アルカジックジャパンから発売されているフロート、シャローフリーク PU

→もっと見る

PAGE TOP ↑